あらいぐまの独学奮闘記

効果的な資格勉強法・家計改善法を探求する著者あらいぐまの奮闘記。

「仕事の飲み会に行く意味はあるのか」という素朴な疑問について

f:id:araiguma1:20190202190920j:image

こんにちは!あらいぐまです。

 

皆さんは会社の飲み会は好きですか?私はどちらかと言えば好きではありません。飲み会に行くよりもさっさと帰りたい派です。帰って勉強したり、自身の趣味に興じたりした方が断然有意義な時間を過ごせます。私だけでなく、社員同士や取引先との飲み会について『嫌だなあ』と思われる方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私は前職が飲み会が多い職場だったこともあり、『そもそも飲み会で交流を図らなくても仕事で嫌という程図れるのでは…』と飲み会の必要性に疑問を持っていました。当然「飲みニケーション」というわけのわからない言葉も好きではなかったですが、ビジネスにおいて自分の好きなことだけを優先するわけにはいきません。そのため、アルコールの良さが全く分からない下戸中の下戸の私も、飲み会に誘われれば『これは仕事なんだ』と割り切って参加していました。それから何年もそのようなことをしているうちに段々と「飲み会に行く意味」について分かるようになってきました。

仕事のやり取りを円滑にする効果

私はお酒を飲んでもテンションが上がったり、記憶をなくしたりということがないので、飲むと別人のようになる人達に度々驚いていました。多くの方は、アルコールが入ると途端によく喋ります。『え、この人こんな喋る人だったの?!』というケースは一度や二度ではありません。また、普段心の中にしまっている本音を開けっ広げに話し出します。『お酒の力は凄いな』と常に素面状態の私は、相手の話に相槌を打ちながらも冷静に観察していました。その時に思ったことは、『多くの人は、飲み会の席でないと友好的なコミュニケーションが取りにくいんだな』ということです。勤務時間においては素っ気なかった人でもお酒の力によって社交的な人に様変わりします。

 

私はいつも『早く帰りたいなあ』と心の中で連呼しながら参加していましたが、多くの人にもたらすお酒の効果を利用し、「普段あまり話さない人」や「苦手な人」に対して積極的に話しかけにいくことで、関係性が良くなり仕事も上手く回るようになりました。「飲みニケーション」とは確かにビジネスの世界では大切だなと実感しました。

参加することに意義がある

先程も述べましたが私は下戸です。飲めばすぐに顔に出ますし、お酒を美味しいと思ったことが生まれてこのかた一度もありません。ジュースの方が美味しいと今でも思っています。そのため、飲み会にはとてつもなく参加したくないのですが、仕事で誘われればできるだけ参加してきました。そのうちに「下戸でも飲みの席に来てくれる良いやつ」と認識されるようになり、勝手に印象が良くなったことがあります。特に、古い年代の方は飲み会について重要視することが多いです。

 

行きたくない飲み会に行く時間は、本当に無駄ではあります。他の自由時間に充てた方が遥かに有意義です。この思いに変わりはありません。ただ、その飲み会に関係を良くしたい社内の人やクライアントがいる場合は、飲み会を活用することで仕事上のプラスになることはあります。もし、逆にそのような相手が不在の飲み会の場合は断るようにすれば、自分のストレスも抑えながら時間を有効利用することができます。

最後に

私が今でも慣れないのは、飲み会に参加していた人が前日あんなにはしゃいでたのにも関わらず、翌朝はスッと元通りなる謎の現象です。俳優・女優顔負けのオンとオフの切り替えには、毎回驚かされます。

 

最近では、仕事の飲み会に参加しない若い人々も増えているので、私は陰ながら応援しているのですが、飲み会を重視する世代がまだまだ多いことを考えると仕事の飲み会がなくなるということは当分先になりそうです。ただ、私のように飲み会反対派の人も、全く参加しないというのではなく、「仕事の人間関係をラクにするため」という視点で飲み会を活用すれば通常業務のストレスが軽減される思わぬメリットが得られるかもしれませんね。