あらいぐまの独学奮闘記

効果的な資格勉強法・家計改善法を探求する著者あらいぐまの奮闘記。

社会人でも4ヶ月で11kg痩せれた件

 

f:id:araiguma1:20190108225844j:plain

こんにちは!あらいぐまです。

 

学生を経て社会人になると、どうしても以前より体重が増えてしまいますよね。運動する機会はない、付き合いの飲み会は増える、スイーツのやけ食い等、ストレスフルな社会人の不健康は生活は、そのまま体重増加に直結してしまいます。類に漏れず、私もその餌食となり、社会人になってから体重が一気に8kgも太ってしまいました。

スーツの上着ボタンがとれてしまった…

ある夏の暑い日、とうとうこの時がきてしまいました。なんと膨れた胴体によってスーツの上着ボタンが弾けてしまったのです。もちろんスーツは身体が細いベストスタイルの時に仕立てていますから、そこまで太ることを想定していないスーツにとっては、限界だったんでしょうね(遠い目)

今度はベルトが閉まらなくなる…

徐々に、肥えてきた自分に焦りを感じ始めた私でしたが、まだ大丈夫だろうとタカをくくっていました。そんな時、さらなる試練がだらけている私に降りかかってきました。・・・しめようとしたベルトが恐ろしく苦しいのです。なんとかお腹を引っ込めてしめたベルトですが、お腹がベルトに乗ってしまいました。いまだかつて味わったことのない感覚に、さすがの私でも恐怖を覚えました。

襲い来る鏡の恐怖

日常で痛感するのはお風呂の時ですよね。。鏡越しに見る自分は、お腹が面白いほどたるんたるんになっていました。また、段々と職場の人々からも「あらいぐまさんすごく太りましたね( ´∀` )笑」と言われる始末。そろそろガチで痩せるしかないと決意しました。

自己流炭水化物抜きダイエット(効果には個人差があります)

皆さんもご存じのように痩せる方法はいろいろあります。星の数ほどあります。もちろん、望ましいダイエットは、中長期的なプランをもって、運動と健康的な食生活を継続すること、これに尽きます。

ただし、これ以上スーツをダメにしたくない私にはそんな悠長な時間はありません。また自分のプライドにかけて、サイズを上げたスーツを仕立てるようなことはしたくありませんでした(そんなお金もありませんし)。そこで、すぐに痩せたいと考えた私は、炭水化物を抜くダイエットを始めました。 要は、白ご飯をやたらと食べる生活をきっぱりとやめました。一方で、肉や魚などのタンパク質を多く含むものと野菜を中心に食べるようにしました。

しかし、当然仕事上の付き合いで食事をしなければならない機会は、ありましたので、その際は、ご飯は少なめで頼むように心がけました。最初は、ご飯を食べたい思いに随分苦しみましたが、段々と体も慣れて、最終的には、白ご飯を食べなくてもお腹が膨れるようになっていきました。期間的には大体2か月後くらいには、体重もスムーズに落ちていくようになったことを覚えています。

P.S でも実際、炭水化物抜きダイエットは脳に良くないらしいですよね。ここだけの話、炭水化物抜きといいつつ、私はなんだかんだケーキとかパンとかちまちま食べていました。。。

痩せるコツはこの3点を意識すること

私の場合は、炭水化物、特に白ご飯を控えるということが中心だったわけですが、その他についても意識して取り組んだことが3つあります。まず1つ目は、「毎日体重をはかること」。これはダイエットの大前提となります。特に、朝起きた時と夜寝る前に定期的にはかることがおすすめです。さらに効果的なのは、それをスケジュール帳に書き留めたり、Excelで記録することです。それによって毎日のモチベーションに繋がりますし、何が原因で体重が増えたか減ったか、追究し易いという大きなメリットがあります。

次に大切なことは、「夜にドカ食いしないこと」。私の場合、夜6時以降はできるだけ何も食べないというルールを課していました。特に寝る直前にお腹に食べ物を入れるのは、一気に太る原因となります。したがって、可能であれば朝食・昼食にエネルギーをためて、夜は軽く食べる、これだけで減量に繋がっていきますから、何かしらのルールを決めて実践してみてください。

最後に「水分は絶対にとること」。ダイエットの時に、水太りを避けるべく水分を控える方がいますが、これは非常に危険です。重篤な疾病に繋がりかねませんので、水分だけは意識的にとるように心がけてください。また、リバウンドを防ぐためには、運動をして筋肉をつけることがベストです。ランニングや水泳、スポーツなども併用することで、健康的な減量が行えると思います。

最後に

以上、私のダイエット体験談でした。ダイエットは、いざ始めようと思って意気軒昂に始めても、如何せん苦しいものです。特に最初の1,2ヶ月は、労力のわりにあまり体重が減っていかないことが多いです。そこで辞めてしまうと減量失敗になってしまうのですが、そこからさらに1,2ヶ月継続していくことで、段々と面白いように体重は落ちていきます。

私も8kg太ってしまった後、さすがに痩せられても3kgくらいかなと思いましたが、結果的に10kg以上痩せることができ、学生時代よりも細くなりました。今では好きな服を気兼ねなく着ることができるので、頑張ってよかったと思います。焦らず、無理せず、ゆっくりと頑張っていくことが大切ですね。